「タイム・ディケイ」とは?

「タイム・ディケイ」とは?のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

「タイム・ディケイ」とは?

日経225オプション取引


プレミアム(オプションの価格)は、本質的価値と時間価値をプラスした価格になります。
(本質的価値と時間価値については、前回を参照してください。)

時間価値とは、将来、原資産の価格が変動することによって、オプションに本質的価値が出てくるかもしれない、という期待感をもった価格だといえます。
オプションの期日までの期間が長いほど、時間価値は大きくなります。
また、オプションの満期が近づいくと同時に、時間価値は減少していき、最後にはゼロになります。
時間価値は、最初はゆっくりと減少していき、満期直前には急激に減少していく、という特徴があります。

このように、オプションの時間価値が、時間の経過と共に減少していくことを、「タイム・ディケイ(Time Decay)」といいます。

つまり、オプションの満期日には、本質的価値だけが残るということで、イン・ザ・マネーになっていない場合には、価格が0円になることを意味します。

たとえば、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを購入した場合に、思ったように相場が変動しないというときには、リスクに対して、時間価値がゼロになる前に転売してしまうということも必要なときがあります。

また、それとは逆に、オプションを売ったときは、オプションの期日が近づくほど、その価格がどんどん下がっていくことになるので、タイム・ディケイがチャンスとなります。

つまり、タイム・ディケイ(時間価値の減少)は、オプションの買い手に対しては不利な要素となり、売り手に対しては有利な要素となるわけです。


■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ




■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。