ボラティリティとは?

ボラティリティとは?のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

ボラティリティとは?

日経225オプション取引


オプションの価格であるプレミアムを決めるには、本質的価値と時間価値が重要な要素になります。
本質的価値は、権利行使価格と原資産価格によって決まり、本質的価値をもっているのは、イン・ザ・マネーのオプションだけになります。

それでは、時間価値は一体どのようにして決まるのでしょうか。

時間価値を決めるための重大な要素のことを、「ボラティリティ(Volatility)」といいます。

オプションのプレミアムは、権利行使価格、原資産価格、満期日までの時間、金利、そしてボラティリティによって決定されます。

ボラティリティとは、原資産価格の変動幅に対する比率のことで、価格変動が大きければ、ボラティリティは高くなり、価格変動が小さくなれば、ボラティリティは低くなります。

ボラティリティとプレミアムの関係については、オプションの買い手と売り手の立場で考えると理解しやすいと思います。

オプションの買い手というのは、原資産が大きく逆方向に動いた場合でも、損失は限定されます。
また、良い方向に大きく動いた場合には、大きな利益を上げることができます。

ところが、あまり原資産価格が変動しない場合は、たとえ価格が良い方向に動いたとしても、イン・ザ・マネーにはならないこともあります。

つまり、オプションの買い手にとってみれば、原資産価格の変動が大きい(=ボラティリティが高い)オプションの方が、価値が大きくなるということになります。
それとは逆に、低いボラティリティのオプションの場合には、買い手にとっては価値が小さくなるということです。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。