日経225オプションの決済方法

日経225オプションの決済方法のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225オプションの決済方法

日経225オプション取引


国内で一般の個人投資家が取引することができるオプションとしては、「日経225オプション」だけになります。

日経225指数を原資産としているオプションで、大阪証券取引所に上場されています。

指数が対象となっているオプションですので、実際には、物を受け渡されることはありません。


また、権利行使は、「ヨーロピアン・タイプ」が採用されています。

ちなみに、日本では、日経225オプションなどの指数オプションは、「ヨーロピアン・タイプ」が採用されており、先物オプションは、「アメリカン・タイプ」が採用されています。

米国のオプション市場においては、株券オプションや指数オプションの一部、先物オプションなどで、「アメリカン・タイプ」を採用しています。


ヨーロピアン・タイプでは、権利行使はオプションの満期日にだけ行われるます。

もし、買ったオプションを満期日まで保有していて、それが満期日にイン・ザ・マネーとなっている場合は、権利行使が自動的に行われます。

その際に、現物はありませんので、利益として、日経225指数と権利行使価格の差額を受け取ることになります。

オプションの売り手は、逆に、その差額を支払います。


このように、現金によって、オプションの権利行使を処理する方法は、「差金決済」といわれてます。

現物のオプションで表すと、本質的価値をもつオプションを、自動的に満期日になったら売る、ということになります。

イン・ザ・マネーでない(満期日に価値のない)オプションは、消滅して権利を放棄することになります。

オプションの買い手は、はじめに支払ったプレミアムが損失となり、一方、売り手は、はじめに受け取ったプレミアムが、そのまま利益となちます。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。