「特別清算指数(SQ値)」

「特別清算指数(SQ値)」のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

「特別清算指数(SQ値)」


日経225オプション取引


オプション取引の権利行使について、注意しなければならない点があります。

それは、権利行使の際に対象とする日経平均株価は、正しくは、オプション最終取引日の翌日に算出された日経平均株価であるということです。


たとえば、最終取引日が10月9日の日経225オプションの場合には、それが権利行使される際に基準とされる価格は、翌日、10月10日の朝一番に算出された日経平均株価となるということです。


このように、株価指数オプション取引や株式先物取引などの、最終的な決済を行うための特別な価格のことを、「特別清算指数(SQ値)」といいます。


SQ値は、日経225銘柄を構成しているそれぞれの現物株の、最初に市場に取引された価格から算出されます。

この値というのは、当日最初の日経平均株価の数値とは異なってくるので注意が必要です。


権利行使の際に、基準とされる価格が、オプション最終取引日ではなく、その翌日に算出される、という点が一筋縄ではいかないところです。


最近では、SQ日を狙った機関投資家が、仕掛け的な売買を行なうケースも多くあるので、前日の日経平均株価と比べて、SQが大きく異なった値になるということもよくあります。


SQ日のリスクを考慮すると、最終取引日までに、日経225オプションは反対売買を行なうことで、ポジションを清算すると良いでしょう。

また、特に注意が必要なのは、3月、6月、9月、12月のSQ日です。

これらは、日経225先物取引の決済日(メジャーSQ)と重なるため、特に気をつけたいところです。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。