日経225オプションの売買単位

日経225オプションの売買単位のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225オプションの売買単位

 
日経225オプション取引


株を購入する際には、購入できる最低売買単位というのがあります。

基本的に株式は、1株ずつ買うのではなく、ある程度まとめてワンセットとして買わなければなりません。

たとえば、トヨタ自動車の株式を購入する場合は、売買単位が100株となっているので、それ以下の株式数では購入することができません。

また、銘柄によって、売買単位が違ってきます。


それと同様に、オプション取引においても、売買単位があります。

日経225オプション取引の場合、最低売買単位は、プレミアムの1,000倍です。

売買単位が1,000倍ということは、日経平均株価が1円変動するごとに、オプションの原資産価格は、1,000円変動することになります。

日経平均株価が10円変動した場合は10,000円となり、100円の変動では100,000円になるということです。

このことから、日経225オプションというのが、取引単位がかなり大きい市場だということがわかると思います。

そのため、日経225オプションを実際に取引しようとするのなら、最低でも100万円〜200万円以上の資金を用意しておかないと、余裕を持って取引を行なうことができないでしょう。


日経225オプションだけに限ったことでなく、どんな投資についても言えることですが、取引をはじめる前に、「どれだけ儲けることができるのか」を考えるのではなく、「損をする可能性がどれだけあるのか」ということを十分に考慮しておかないといけません。

また、実際に取引を行なう際には、リスクの可能性をしっかりと把握しておく必要があります。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。