日経平均株価の構成銘柄の入れ替え

日経平均株価の構成銘柄の入れ替えのページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経平均株価の構成銘柄の入れ替え

日経225オプション取引


日経平均株価というのは、東京証券取引所1部に上場する銘柄のうち、日本の株式市場の代表とされる225銘柄が選ばれ、算出されています。

対象となる225銘柄の採用と除外に関しては、専門家や学識経験者の意見を踏まえたうえで、日本経済新聞社が選出し発表します。

また、定期的に見直されたり、突然の理由によって急に見直す必要があったりと、1年に何回か構成銘柄の入れ替えが行なわれています。

定期的な見直しとしては、年に1回、10月1日に原則として実施されています。
10月1日が休日の場合には10月2日に実施され、2日も休みの場合は10月3日に実施されることになります。


では、どうして日経平均株価の構成銘柄の入れ替えが、定期的に行なわれるのでしょうか。


それは、「日経平均株価」という株価指数に、的確に日本の産業構造の変化の影響を与えるためです。

そのため、構成銘柄の定期的な見直しでは、入れ替えの対象となる銘柄の数に上限はありません。


一方、不定期的に行われる銘柄の入れ替えについては、構成銘柄が経営破たんした場合や合併した場合、持株会社化により上場廃止となった場合、またはそのような際に、整理ポストに入れられた場合などに実施されます。

このような場合の入れ替えについては、除外となった銘柄数だけ、新しく銘柄が採用されます。


たとえば、2005年5月、カネボウの粉飾決算が発覚したことにより、上場廃止となり、日経平均株価採用銘柄から外されることとなりました。

そして、2日後に、新しく三井化学が採用されました。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。