オプション戦略のいろいろ

オプション戦略のいろいろのページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

オプション戦略のいろいろ

[投資スタイル] ブログ村キーワード

日経225オプション取引


満期日までオプションを保有する場合において、満期日にいかにして利益を最大に得られるポジションを組み立てられるか、ということが投資目的となります。


オプション戦略の基本パターンとしては、コールの買いと売り、プットの買いと売り、という4パターンになります。

この基本となる4パターンの組み合わせによって、さまざまな戦略パターンがつくり出されます。


まず、異なる種類のオプションを組み合わせるのが「コンビネーション取引」で、同じ種類のオプションを組み合わせるのが「スプレッド取引」です。


コンビネーション取引では、コールとプットの買い、または、コールとプットの売りを組み合わせます。

相場の方向に関わらず、相場の変動を予想することで行なう戦略です。

代表的なものとしては、「ストラドル」と「ストラングル」があります。

相場が変動すると利益が得られるのは、「ロング・ストラドル」と「ロング・ストラングル」で、安定すれば利益を確保できるのが「ショート・ストラドル」と「ショート・ストラングル」になります。

これらは、オプションの特徴が最も表されている戦略でしょう。


スプレッド取引は、ある範囲内に損益を限定したい場合に行なう戦略になります。

また、期間が同じオプションを組み合わせるスプレッドのことを「バーティカル・スプレッド」、異なる期間のオプションを組み合わせることを「ホリゾンタル・スプレッド」といいます。


バーティカル・スプレッドは、一定の範囲内にリスクを限定したうえで取引する場合に用いられます。

代表的なものとしては、「ブル・スプレッド」、「ベア・スプレッド」、「バタフライ」、「コンドル」などがあります。


ホリゾンタル・スプレッドについては、同じ権利行使価格のものを組み合わせる「タイム・スプレッド」と、異なる権利行使価格のものを組み合わせる「ダイアゴナル・スプレッド」があります。




■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。