日経225オプション売買戦略【弱気のストラテジー】

日経225オプション売買戦略【弱気のストラテジー】のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225オプション売買戦略【弱気のストラテジー】

日経225オプション取引


日経225オプション取引の売買戦略(ストラテジー)には、日経平均株価が下落すれば有利になる「シンセティック・ショート」と 「ベア・スプレッド」という、「弱気のストラテジー」があります。


■シンセティック・ショート

限月が同じプットを買って、コールを売ることで、先物取引の売りに近いポジションをつくり、利益を狙うという戦略です。

日経平均株価が下落すれば利益を得ることになり、上昇すると損失となってしまいますが、権利行使価格をうまく選ぶことで、先物取引のポジションよりも、リスクの調整をすることができます。

また、シンセティック・ポジションの特徴として、必要証拠金が先物取引と比べて少なくおさえられる点が挙げられます。

「シンセティック・ショート」で得られる利益には制限がなく、また、損失も限定されていません。


■ベア・スプレッド

シンセティック・ショートと比べると、得られる利益は少ないですが、比較的に、成功する確率は高くなります。

権利行使価格の高いオプションの買いと、権利行使価格の低いオプションの売りを同枚数ずつ行い、リスクを限定したうえで、利益を追求するという戦略です。

あらかじめ利益は限定されますが、リスクも限られているので、必要証拠金が少なく抑えることができます。

ベア・スプレッドは、「ブル・スプレッド」とは組み合わせが逆になっています。

また、コールとの組み合わせを「ベアコールスプレッド」といい、プットとの組み合わせのことを「ベアプットスプレッド」といいます。

ベアコールの場合、差引きされたプレミアム料は受取りとなりますが、ベアプットの場合は、支払いになります。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ



■アナタは、どちらで儲けますか?

 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

 >> PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」


 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。