日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】

日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】

日経225オプション取引

久しぶりの更新となってしまいました・・・。

今回は、「日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】」について紹介していきたいと思います。


日経平均株価が大幅に動いた場合に有利となる「波乱のストラテジー」には、「ロング・ストラドル」と「ショート・バタフライ」があります。

「ロング・ストラドル」とは、日経平均株価が今後大幅に動くだろうと予想されるとき、最もその価格に近い、同じ限月の権利行使価格のコールとプットを買うという戦略になります。

この戦略では、日経平均株価がどちらかの方向に、大きく動いた場合に、利益を得られる可能性があります。

逆に、日経平均株価がもみ合う展開となり、小幅な推移となった場合には、時間的価値が減少するので、プレミアムが下がってしまう可能性があります。

つまり、ロング・ストラドルにおいて得られる利益には制限がなく、最大の損失は限定されるということです。


また同様に「ショート・バタフライ」も、日経平均株価が大きく動いた場合に有利となる戦略です。

この戦略の場合も、ロング・ストラドル同様に、今後、日経平均株価が大幅に動くだろうと予想される場合に、最もその価格に近い、限月が同じ権利行使価格のコールとプットを買って、権利行使価格のひとつ幅を取ってコールとプットを売るという戦略です。

ショート・バタフライの場合には、得られる利益は限定されてしまいますが、損失をある程度抑えることができるので、時間的価値の減少による影響を少なくすることが可能になります。


また、バタフライと同じような戦略として、「コンドル」という取引方法があります。

これは、ストラングル戦略での損益を限定したうえで行なう取引で、ストラングルの売りと買いを組み合わせる戦略になります。




■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
先物取引ブログランキングへ" />


■管理人推薦!


 >> 証券ディーラーの隠し技 山本伸一の日経225先物パターントレード


 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU





■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。