日経平均先物・オプション・30日

日経平均先物・オプション・30日のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経平均先物・オプション・30日


■日経平均先物12月物

30日の日経平均先物12月物は小幅続伸となった。
大引けは前日比10円高の1万110円。
前・後場合計の売買高は4万7744枚。

4〜9月期末での「ドレッシング買い」が入るとの期待が下支えとなった面もあるが、円高への警戒感が強い中、様子見ムードが強かった。

朝方は外国為替市場でドル・円相場が落ち着いた動きとなったことから1万150円まで上昇したが、その後再び1ドル=89円台での推移となったことや香港株式市場が軟調な推移となったことなどが重荷となり、前日引け値の1万100円付近でのもみ合いが続いた。

前・後場を通して値幅は80円と小幅なものとなった。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月物は小幅反落となり、前日の清算値と比べ10円安の1万100円で取引を終えた。


■TOPIX先物12月物

続伸。終値は、前日比6.0ポイント高の910.0。
日中取引の売買高は3万3994枚。


■日経平均オプション10月物

プットの下落が目立った。
コールは権利行使価格9500円以下の銘柄が高い。


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。