日経平均先物、後場も堅調(13日)

日経平均先物、後場も堅調(13日)のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経平均先物、後場も堅調(13日)

<日経平均先物・オプション市場動向>

13日午後の日経平均先物6月物は、高い水準で取引開始。後場の寄り付きは、前日比210円高の1万0580円。

前日の欧米株式市場の上昇から欧州財政問題への警戒感が後退していることや国内企業の業績好転が期待されており、朝方から買い先行の展開となっている。香港ハンセン指数などのアジア株式市場が上昇していることも相場を後押ししているようだ。

前引け後の東証立会外取引では、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買するバスケット取引が1409億円成立し、前日の483億円を大きく上回っている。

TOPIX先物6月物も高くなっており、後場寄り付きは13.5ポイント高の944.0。売買高は307枚。


<PR>

トップトレーダーズ最高投資顧問の渋谷高雄とトップトレーダーズの面々が株式投資の集大成のバイブル『渋谷高雄大百科』を完成させました。

2008年10月リーマンショックから、わずか2週間で投資家として過去10年間築いてきた4億円以上の資産の半分以上を失い、その後たった半年で市場から取り返し、さらにそれ以上の利益を上げ続ける渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成が遂に完成!

株式投資で勝ち組になりたい方は今すぐご確認ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
『渋谷高雄大百科』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜



■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。