日経225先物、今週の見通し

日経225先物、今週の見通しのページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225先物、今週の見通し

前週末(12日)の米国株式市場は大幅続落となった。
ダウ平均は前日比90.52ドル安い11,192.58ドルで取引を終了。

中国の利上げ懸念から、ニューヨーク市場に先立つ上海株式市場が急落。素材やエネルギー株を中心に幅広い銘柄が売られた。ナスダック指数は37.31ポイント安い2518.21ポイントで取引を終了した。S&P500種株価指数は週間ベースでは3カ月で最大の下げとなった。


<12日の主要な株価指数>
NYダウ 11,192.58(-90.52)
ナスダック総合 2518.21(-37.31)
S&P500 1,199.21(-14.38)
CME日経225先物(円建)清算値 9,730(-115)


日経先物は3日ぶりの反落となった。今月に入って日経先物はすでに6%程度上昇している。
ただ、騰落レシオや移動平均乖離率などの面からは過熱感は感じられない。
25日線のプラス乖離率は+2.6%、東証1部の騰落レシオ(25日ベース)は88.78となっており、上値抵抗線として意識されている200日線の9922.45円を回復することが出来れば先高感は高まりそうだ。

G20サミットが終了となるが、今週は大きなイベントは乏しい。
国内では週初に7-9月GDP速報値、米国はニューヨークやフィラデルフィアの地区連銀の景気指数が発表される。


★特選情報!お見逃しなく!

⇒ 日経225オプション取引専用「ミリオン戦略」

⇒ FX自動売買システム「FX41(フォーティーワン)」

⇒ ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!



■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。