日経225オプション取引の戦略

日経225オプション取引の戦略のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

勝率80%以上の脅威の勝率!「オプション必勝倶楽部」


80%以上の勝率を誇る、とっておきのオプション取引必勝法をご紹介したいと思います。

http://www.tmaweb.biz/24238/
(まだクリックしないでください。)


こちらで扱っている取引はオプション取引ですが、
その特徴として

1,自宅のパソコンで手軽に実践できる
2,株やFX、先物取引のように投資対象に迷うことはない
3,瞬時の判断やエントリーは不要!自分のペースでゆっくり取引ができる
4,わずかな資金で大きな取引が可能
5,買い手の場合は損失が拡大しないから非常に安全
6,戦略次第で様々な損益パターンが組める

などの特徴があり、かなり利用しやすい投資種目であるといえます。

しかも、この「ミリオン戦略」、安心の7大特典が付いてきますので、
とても安心して投資を行うことが出来ます。


***7大特典***

1「生方茂樹の極秘情報無料配信サービス」
  
  通常配信料30,000円が1ヶ月間無料

2「生方茂樹の無料メールサポート」

  無料メールサポート期間:3ヶ月間、回数無制限

3「オプション必勝セミナーに無料ご招待」

  300名に達した時点で、セミナーに無料招待
  日経225オプション取引のテクニック講義

4「DVDのカラーマニュアルPDF版」

  図解入りでミリオン戦略を説明

5「初心者用スターターズE-BOOK」

  日経225オプション取引初心者専用
  基本、用語集、戦略の説明など

6「返金保証付き」

  ご購入日から1年以上このマニュアルをきちんと
  実践しても利益が出なかった場合、購入日より
  365日後〜450日までの間なら、DVDの購入代金を
  全額返金

7「スペシャル特典プレゼント」

  「ミリオン戦略・買いのロジック」


【オプション必勝倶楽部】日経225オプション取引専用
「ミリオン戦略〜自宅でプロの取引を再現〜」【全額返金保証】

詳しくは、こちら↓
http://www.tmaweb.biz/24238/

日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】

日経225オプション取引

久しぶりの更新となってしまいました・・・。

今回は、「日経225オプション戦略【波乱のストラテジー】」について紹介していきたいと思います。


日経平均株価が大幅に動いた場合に有利となる「波乱のストラテジー」には、「ロング・ストラドル」と「ショート・バタフライ」があります。

「ロング・ストラドル」とは、日経平均株価が今後大幅に動くだろうと予想されるとき、最もその価格に近い、同じ限月の権利行使価格のコールとプットを買うという戦略になります。

この戦略では、日経平均株価がどちらかの方向に、大きく動いた場合に、利益を得られる可能性があります。

逆に、日経平均株価がもみ合う展開となり、小幅な推移となった場合には、時間的価値が減少するので、プレミアムが下がってしまう可能性があります。

つまり、ロング・ストラドルにおいて得られる利益には制限がなく、最大の損失は限定されるということです。


また同様に「ショート・バタフライ」も、日経平均株価が大きく動いた場合に有利となる戦略です。

この戦略の場合も、ロング・ストラドル同様に、今後、日経平均株価が大幅に動くだろうと予想される場合に、最もその価格に近い、限月が同じ権利行使価格のコールとプットを買って、権利行使価格のひとつ幅を取ってコールとプットを売るという戦略です。

ショート・バタフライの場合には、得られる利益は限定されてしまいますが、損失をある程度抑えることができるので、時間的価値の減少による影響を少なくすることが可能になります。


また、バタフライと同じような戦略として、「コンドル」という取引方法があります。

これは、ストラングル戦略での損益を限定したうえで行なう取引で、ストラングルの売りと買いを組み合わせる戦略になります。




■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
先物取引ブログランキングへ" />


■管理人推薦!


 >> 証券ディーラーの隠し技 山本伸一の日経225先物パターントレード


 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU



中立のストラテジー <日経225オプション取引戦略>

日経225オプション取引


日経225オプション取引において、最もスタンダードな投資戦略は、「ショート・ストラングル」です。

この戦略は、日経平均株価がもみ合いとなり、小動きになった場合に有利になる「中立のストラテジー」です。


「ショート・ストラング」は、高い権利行使価格のコールと、低い権利行使価格のプットを売るという戦略になります。

2種類の権利行使価格の間で、日経平均株価が推移した場合は、時間的価値が減少することになるので、より大きな利益を狙うことができます。

逆に、大きく日経平均株価が動いた場合には、リスクが拡大するので、証拠金が膨らんでしまう可能性があります。

つまり、「ショート・ストラング」での最大利益は受け取ったプレミアム分になり、損失は無限大になるということです。


また、「ロング・コンドル」も、日経平均株価がもみ合いにより、小動きになった場合に有利となる「中立のストラテジー」です。

「ロング・コンドル」は、「ショート・ストラングル」同様に、権利行使価格の高いコールと、権利行使価格の低いプットを売るという戦略です。

権利行使価格のコールとプットを、ひとつ幅を取って買うので、受け取るプレミアムは少なくなりますが、損失を限定することができます。

また、大きく日経平均株価が動いた場合にも、あらかじめリスクが限られているので、証拠金を低くすませることが可能です。

つまり、「ロング・コンドル」で得られる利益は、最大で受け取るプレミアムの分となり、最大損失は限定されることになります。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ



■アナタは、どちらで儲けますか?

 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

 >> PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」


日経225オプション取引戦略〜相場安定時〜



日経225オプション取引


相場が安定すると予想される場合には、「ショート・ストラドル」と「ロング・バタフライ」という戦略を立てます。

これらの戦略は、日経平均株価がこう着状態になると利益が得られる方法です。


「ショート・ストラドル」というのは、今後、日経平均株価がこう着状態になると予想される場合に、その価格に最も近い、同じ限月の権利行使価格のコールとプットを売却する戦略です。

プレミアム料は、コールとプットの分を受け取ることができるのが魅力です。


日経平均株価がもみ合う展開となり、小動きになると、時間的価値が減少して、より利益を狙うことができます。

逆に、予想とは違って、日経平均株価が大きく動いた場合には、リスクがどんどん拡大してしまうことになるので、さらに証拠金が膨らむ可能性があります。



「ロング・バタフライ」は、ショート・ストラドル同様に、今後、日経平均株価がこう着状態になると予想される場合に、最もその価格に近い、権利行使価格が同限月のコールとプットを売却するという戦略になります。

幅をひとつ取った権利行使価格のコールとプットを買うことで、受け取るプレミアムは少なくなりますが、損失を限定することができます。

ロング・バタフライは、予想に反して、日経平均株価が大きく動いたとしても、あらかじめリスクが限られているので、ショート・ストラドルと比べて、低い証拠金に抑えることができます。

この戦略は、予想していた相場動向とは違って、大きく相場が変動した場合に、リスクを限定するための取引として利用されます。





■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ



■アナタは、どちらで儲けますか?

 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

 >> PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」



日経225オプション売買戦略【弱気のストラテジー】

日経225オプション取引


日経225オプション取引の売買戦略(ストラテジー)には、日経平均株価が下落すれば有利になる「シンセティック・ショート」と 「ベア・スプレッド」という、「弱気のストラテジー」があります。


■シンセティック・ショート

限月が同じプットを買って、コールを売ることで、先物取引の売りに近いポジションをつくり、利益を狙うという戦略です。

日経平均株価が下落すれば利益を得ることになり、上昇すると損失となってしまいますが、権利行使価格をうまく選ぶことで、先物取引のポジションよりも、リスクの調整をすることができます。

また、シンセティック・ポジションの特徴として、必要証拠金が先物取引と比べて少なくおさえられる点が挙げられます。

「シンセティック・ショート」で得られる利益には制限がなく、また、損失も限定されていません。


■ベア・スプレッド

シンセティック・ショートと比べると、得られる利益は少ないですが、比較的に、成功する確率は高くなります。

権利行使価格の高いオプションの買いと、権利行使価格の低いオプションの売りを同枚数ずつ行い、リスクを限定したうえで、利益を追求するという戦略です。

あらかじめ利益は限定されますが、リスクも限られているので、必要証拠金が少なく抑えることができます。

ベア・スプレッドは、「ブル・スプレッド」とは組み合わせが逆になっています。

また、コールとの組み合わせを「ベアコールスプレッド」といい、プットとの組み合わせのことを「ベアプットスプレッド」といいます。

ベアコールの場合、差引きされたプレミアム料は受取りとなりますが、ベアプットの場合は、支払いになります。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ



■アナタは、どちらで儲けますか?

 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

 >> PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」


 

■強気のストラテジー 「シンセティック・ロング」と「ブル・スプレッド」

日経225オプション取引


日経225オプション取引では、コール・オプションとプット・オプションを組み合わせたり、権利行使価格のそれぞれ異なるオプションを組み合わせたりすることによって、相場の状況に合った多岐に渡る戦略(ストラテジー)を立てることが可能です。

この戦略は、その後、日経平均株価がどのように動くのかを予想することによって、戦略性が分けられます。

その中で、日経平均株価が上昇すると有利になるのは、「シンセティック・ロング」と、「ブル・スプレッド」という「強気のストラテジー」です。


まず、「シンセティック・ロング」というのは、限月が同じコールを買い、プットを売ることによって、先物の買いと同様のポジションをつくって、利益を追求するという戦略になります。

このストラテジーでは、日経平均株価が上昇すれば利益を得ることになり、下落すれば損失を被ることになります。

しかし、権利行使価格の選択の仕方により、先物取引のポジションよりも、リスクをうまく調整することができます。

また、シンセティック・ポジションは、先物取引よりも、必要証拠金を少なく済ませられるのが特徴です。

このストラテジーにおいての最大利益は制限がなく、また最大損失においても制限がありません。


次に、「ブル・スプレッド」ですが、こちらは「シンセティック・ロング」よりも、得られる利益は少ないですが、比較的、成功する確率の高い戦略です。

この戦略は、権利行使価格の低いオプションの買いと、権利行使価格の高いオプションの売りを、同数量ずつ持つことで、リスクを限定したうえで利益を追求します。

利益は、最初に受け取ったプレミアムの分と限られてしまいますが、リスクが限られているので、必要証拠金を抑えることができます。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


■アナタは、どちらで儲けますか?

 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

 >> PF2.14の奇跡!日経225先物向けトレードシステム「Dr.225」



 

オプション戦略のいろいろ

[投資スタイル] ブログ村キーワード

日経225オプション取引


満期日までオプションを保有する場合において、満期日にいかにして利益を最大に得られるポジションを組み立てられるか、ということが投資目的となります。


オプション戦略の基本パターンとしては、コールの買いと売り、プットの買いと売り、という4パターンになります。

この基本となる4パターンの組み合わせによって、さまざまな戦略パターンがつくり出されます。


まず、異なる種類のオプションを組み合わせるのが「コンビネーション取引」で、同じ種類のオプションを組み合わせるのが「スプレッド取引」です。


コンビネーション取引では、コールとプットの買い、または、コールとプットの売りを組み合わせます。

相場の方向に関わらず、相場の変動を予想することで行なう戦略です。

代表的なものとしては、「ストラドル」と「ストラングル」があります。

相場が変動すると利益が得られるのは、「ロング・ストラドル」と「ロング・ストラングル」で、安定すれば利益を確保できるのが「ショート・ストラドル」と「ショート・ストラングル」になります。

これらは、オプションの特徴が最も表されている戦略でしょう。


スプレッド取引は、ある範囲内に損益を限定したい場合に行なう戦略になります。

また、期間が同じオプションを組み合わせるスプレッドのことを「バーティカル・スプレッド」、異なる期間のオプションを組み合わせることを「ホリゾンタル・スプレッド」といいます。


バーティカル・スプレッドは、一定の範囲内にリスクを限定したうえで取引する場合に用いられます。

代表的なものとしては、「ブル・スプレッド」、「ベア・スプレッド」、「バタフライ」、「コンドル」などがあります。


ホリゾンタル・スプレッドについては、同じ権利行使価格のものを組み合わせる「タイム・スプレッド」と、異なる権利行使価格のものを組み合わせる「ダイアゴナル・スプレッド」があります。


日経225オプション戦略【ストラドルの買い】

日経225オプション取引



前回紹介したように、オプションは、保有する株式への保険として利用する方法もありますが、「投機」として、積極的に利益を上げるために、オプションを取引する方法もあります。


オプションの買い手の損失というのは、最初に支払うプレミアムに限られ、潜在的に利益は無制限です。

ただ、特に「アウト・オブ・ザ・マネー」のオプションの買い手が利益を出すには、短期間で予想した方向に、大きく相場が変動しないといけません。

このことが、オプションの「売り」に比べて、「買い」が利益を得るのが難しいという理由でもあります。


それでは、どうやってこれからの相場の動きを知ることができるのでしょう。


その手法としては、「ストラドルの買い」というオプション取引の売買戦略があります。

この方法は、ある原資産を、アウト・オブ・ザ・マネーのコール・オプションとプット・オプションの両方とも買うという方法です。

原資産価格が、これからどちらかに大きく変動する可能性がある状況の場合には、「ストラドルの買い」はとても有効な売買戦略になります。


企業に大きなイベントがあると、株価が大きく動くことが多いです。

たとえば、経営方針を決定するような重要な会議が予定されている企業や、決算発表を間近に控えている企業などは、その内容次第で、大きく株価が変動する可能性が高くなります。


どちらの方向に動くかが分からなくても、ストラドルでオプションを買っておけば、株価の変動によって利益を得ることができるのです。

特定のイベントを狙って、「ストラドルの買い」により、大きな利益を得るというチャンスは確かにあるでしょう。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

株の保険としての「プット・オプション」

 
日経225オプション取引


多くの株式を保有していたのに、突然、ブラック・マンデーが訪れて、跡形もなく資産がなくなってしまった・・・、などという話をよく聞くと思います。


そのような場合に備えて、保有している株に対して、保険を掛ける方法としての「プット・オプション」について書きたいと思います。


自分が所有している株式に対して、プット・オプションを買っておくのです。

プット・オプションを買う=「ある価格で売る権利」を買う、ということになるので、万が一、株価が暴落した際に備えた保険になるというわけです。


この場合、保険という役割ですので、保障期間は長く、保障額は大きく、さらに保険料は安いものが理想的です。

つまり、満期までの期間がなるべく長く、権利行使価格はアット・ザ・マネーに近くて、さらにプレミアムができるだけ安いプット・オプションを選ぶということが重要です。


実際に、大手投資家は、プット・オプションを大量に買うことによって、もしものリスクに備えています。


このように、リスクに備える目的で行なう取引のことを、「ヘッジ(垣根)」といいます。


プット・オプションを売るということは、保険を他の投資家に売るということと同じ、という見方もできます。


オプション取引では、利益を得るために売買をするのではなく、株式の資産を守るための保険、ヘッジとして、オプションを活用することもできるのです。


買った株式を、長期的にそのまま保有していることは、大きなリスクになります。

プット・オプションを活用することで、いつ起こるかわからない暴落に備えておき、株式投資での損失を減らすことができるということです。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。