日経225オプション取引その他

日経225オプション取引その他のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

デリバティブ取引、先物取引の歴史


日経225オプション取引


日経225オプション取引は、日経平均株価を原資産とするオプション取引のひとつで、大阪証券取引所に上場されています。

日経225先物取引と並んで、日本の代表とされるデリバティブ取引で、現在の国内では、最も活発に取引が行なわれているオプション取引になります。


デリバティブ取引を世界で初めて行なったのは、日本だといわれています。

1730年、江戸八代将軍・徳川吉宗の時代に、大岡越前守が、大阪堂島米会所に対して、米の先物取引を許可しました。

これが、日本初=世界初の公設先物取引市場の誕生だといわれています。


これよりも以前に、1531年にベルギーのアントワープに開設された取引所がありました。

しかし、このアントワープの取引所というのは、「先渡し取引」市場であったのに対して、大阪堂島の米会所取引は「先物取引」市場でした。

そのため、現代の先物取引市場の基本的な仕組みが整備された、世界で最初の「先物取引」は、堂島米会所ということになります。


また、1848年に設立された「アメリカ・シカゴ商品取引所」は、大阪堂島米会所をモデルとして設立された、といわれています。


明治時代に入って、幕府の崩壊とともに大阪堂島米会所も廃止されましたが、「堂島米穀取引所」として再び設立されました。

ところが、米の先物取引は、第二次世界大戦による米流通の統制に伴い、1939年に廃止されました。


そして、終戦後の商品取引所公布を受けて、1950年、現在の中部大阪商品取引所にあたる大阪化学繊維取引所を皮切りとして、商品先物取引が再開されました。

しかし、米の先物取引というのは、現在でも実現していません。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
 

■号外版■儲けるための日経225ミニ『帝王投資』

日経225オプション取引


今回は、号外版です。
商品の紹介になるので、興味無い方はページを閉じちゃってくださいね。


『帝王投資』は、ご存知ですか?


これは、株式投資の専門家で、投資スクールの先生で、本の著者でもある、後藤寛氏の、日系225ミニのシグナル配信サービスとそのストラテジーが詰まったDVDのセットになります。


シグナル配信に関しては、1ヶ月間毎日12:20〜12:30の間に売り・または買い、そしてストップロス設定などの配信が提供されます。

後藤先生が11億円もの運用を10年間重ね、検証した最高峰のシステムトレードのシグナルが、1ヶ月間毎日配信されるのです。

現在、先着200名の方には、後藤先生の個別コンサルティングの権利、
数十万円のセミナー参加者にしか与えられていない、特別なセミナーに優先的に参加できる権利、さらに、ヒルトンホテルで行われた投資セミナーDVD(1万円相当)の豪華3大特典がプレゼントされます。


豪華3大特典のついた初回版は、200名限定ですので、興味がある方は、急がれた方が良いと思います。


 「帝王投資 ホームページ」 
  http://www.tmaweb.biz/7171/


9月の勝率は、なんと83%!!
3ヶ月収支MAX会員の方は280万円の利益確定です。

100年に1度という下げ幅、現在の不安定な相場・・・
それでも確実に利益を取り続けているのが帝王投資なんです。



今回は、本来のブログの趣旨と違った内容ですが、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
 


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。