日経平均先物・オプション市場動向

日経平均先物・オプション市場動向のページを説明

スポンサード リンク


最新の記事

日経225先物、今週の見通し

前週末(12日)の米国株式市場は大幅続落となった。
ダウ平均は前日比90.52ドル安い11,192.58ドルで取引を終了。

中国の利上げ懸念から、ニューヨーク市場に先立つ上海株式市場が急落。素材やエネルギー株を中心に幅広い銘柄が売られた。ナスダック指数は37.31ポイント安い2518.21ポイントで取引を終了した。S&P500種株価指数は週間ベースでは3カ月で最大の下げとなった。


<12日の主要な株価指数>
NYダウ 11,192.58(-90.52)
ナスダック総合 2518.21(-37.31)
S&P500 1,199.21(-14.38)
CME日経225先物(円建)清算値 9,730(-115)


日経先物は3日ぶりの反落となった。今月に入って日経先物はすでに6%程度上昇している。
ただ、騰落レシオや移動平均乖離率などの面からは過熱感は感じられない。
25日線のプラス乖離率は+2.6%、東証1部の騰落レシオ(25日ベース)は88.78となっており、上値抵抗線として意識されている200日線の9922.45円を回復することが出来れば先高感は高まりそうだ。

G20サミットが終了となるが、今週は大きなイベントは乏しい。
国内では週初に7-9月GDP速報値、米国はニューヨークやフィラデルフィアの地区連銀の景気指数が発表される。


★特選情報!お見逃しなく!

⇒ 日経225オプション取引専用「ミリオン戦略」

⇒ FX自動売買システム「FX41(フォーティーワン)」

⇒ ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!

日経平均先物、後場も堅調(13日)

<日経平均先物・オプション市場動向>

13日午後の日経平均先物6月物は、高い水準で取引開始。後場の寄り付きは、前日比210円高の1万0580円。

前日の欧米株式市場の上昇から欧州財政問題への警戒感が後退していることや国内企業の業績好転が期待されており、朝方から買い先行の展開となっている。香港ハンセン指数などのアジア株式市場が上昇していることも相場を後押ししているようだ。

前引け後の東証立会外取引では、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買するバスケット取引が1409億円成立し、前日の483億円を大きく上回っている。

TOPIX先物6月物も高くなっており、後場寄り付きは13.5ポイント高の944.0。売買高は307枚。


<PR>

トップトレーダーズ最高投資顧問の渋谷高雄とトップトレーダーズの面々が株式投資の集大成のバイブル『渋谷高雄大百科』を完成させました。

2008年10月リーマンショックから、わずか2週間で投資家として過去10年間築いてきた4億円以上の資産の半分以上を失い、その後たった半年で市場から取り返し、さらにそれ以上の利益を上げ続ける渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成が遂に完成!

株式投資で勝ち組になりたい方は今すぐご確認ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
『渋谷高雄大百科』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜

日経平均先物・オプション(9日・前引け):続落、9900円台に。

<日経平均先物>

9日前場の日経平均先物3月物は続落となった。
前引けは前日比60円安の9900円。
前場の売買高は3万8340枚。

前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が下落し、約3カ月ぶりに1万ドルの節目を下回るなど、海外の株式市場が軟調となっているなか、前日のシカゴ市場で日経平均先物が一段安となった流れを引き継いぎ、売り先行となった。
ギリシャなどの欧州諸国の財政問題が引き続き懸念され、市場全体にリスク回避のムードが広がった模様。

押し目買いが入り前日終値付近まで下げ渋る場面もあったが、200日移動平均(9950円近辺)が抵抗となった格好になり、その後は下げ幅が100円まで拡大した。


<TOPIX先物>
TOPIX先物3月物も続落。
前引けは前日比4.5ポイント安の878.0。
前場の売買高は2万2834枚。


<日経225オプション>
日経225オプション2月物は日経平均株価が弱含みで推移したことを受けコールがさえなかった。プットは足元の日経平均の水準を下回る9750円と9500円の権利行使価格でもみ合う展開となり、前場の売買高はともに7000枚を超えた。


■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


日経225 先物は、たくさんの指標を見て取引するのではなく
たった1つの指標を見ることで、ほぼ確実に最高値、
最安値を狙ってトレードをする事が出来るのです。

この指標を見ればあなたが見たこともない利益を
あげてくれるでしょう。

そして、その最高値、最安値をピンポイントで狙う手法が・・


「魔法の反転トレードライン」を用いた
ファンドマネージャーの運用手法
「Direction225」 ⇒ http://www.tmaweb.biz/15061/

日本航空(JAL)上場廃止、日経平均にJR東海(9022)を新規採用。

日本航空(JAL)(9205)は19日、子会社の日本航空インターナショナル、JALキャピタルとともに、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、受理されたことを発表。

負債総額は3社合計で2兆3221億円となり、事業会社としては戦後最大、負債の多い金融業を含めると戦後4番目の大型経営破たん。

これに伴い、東京証券取引所は、日本航空(JAL)(9205)株式を2月20日に上場廃止することを発表。

また、日本経済新聞社は、日経平均の指数構成銘柄にJR東海(9022)を新規採用することを発表。

JALは20日から除外され、銘柄の補充は22日に実施されるとのこと。この間、日経平均は224銘柄での算出となる。

なお、日経300にはイズミ(8273)、日経500にはハウス食品(2810)を新規採用された。

日経平均先物・オプション6日前場

6日前場

<日経平均先物3月物>
続伸。前日比40円高の1万0730円で前場の取引を終えた。
一時は1万0770円まで上昇し、前日高値(1万0800円)に接近。
外国為替市場で円相場の上昇が一段落したことや、三井住友FGの増資報道の後に銀行株が堅調だったことが投資家の心理を明るくしたようだ。
ただ、このところのピッチの速い上昇に対する警戒感もあり、上値では利益確定売りが出た。


<TOPIX先物3月物>
こちらも上昇。前引けは前日比6.5ポイント高い928.5。
売買高は2万5179枚。


<日経平均オプション1月物>
株式市場の上昇を受けコールが高い。
8日には特別清算指数(SQ)算出を控えており、取引は現在の日経平均株価に近い権利行使価格に集まっている。



■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


先物取引ブログ 日経225オプション




■管理人推薦!


 >> 証券ディーラーの隠し技 山本伸一の日経225先物パターントレード


 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU

日経平均先物(18日)、小幅続落。

今日の日経平均先物3月限は小幅続落となった。

前場の日経225先物はCMEの清算値より5円安い10110円で寄り付いた。
米株式市場が下落したことや、円高・ユーロ安が嫌気され軟調な展開となった。
高値は寄り直後に付けた10130円となり、前引けは前日比100円安の10,050円。

後場の日経225先物は前場終値よりも10円高い10,060円で取引を開始した。
10,090円を挟んでのもみ合いとなったが、日銀がデフレ回避の姿勢を示したことが好感され、じりじりと上昇したが、一段高にはならなかった。
結局、後場の値幅は110円で、前日比10円安の10,140円で取引終了となった。


<日経225先物 来週の見通し>
上値の目処としては10月20日高値の10,370円、17日高値の10,260円あたり、下値の目途としては9日安値10,130円、10月30日高値10,050円が意識されるものと思われる。


■ポチっと、ご協力お願いします!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


先物取引ブログ 日経225オプション




■管理人推薦!


 >> 証券ディーラーの隠し技 山本伸一の日経225先物パターントレード


 >> 更に性能を上げ完全自動売買ソフトとして販売再開!最強システム!ドリームゲートU


日経平均株価、今日の見通し。

今日の東京株式市場で日経平均株価は弱含みとなりそうだ。
米株式相場の続落や円高警戒感などから売り先行後はもみ合いが続くものと予想される。

2日に9月米ISM製造業景気指数や9月米雇用統計の発表を控えており、前日同様、様子見から積極的な売買は控えられそうだ。


金融関連株は引き続き軟調地合いとなる見通しで、銀行株は戻っても一時的との見方が多いようだ。

ただ、日経平均株価1万円付近では個人投資家などの押し目買いが入ることなども予想される。
また、原油価格が上昇していることから、関連銘柄が物色されるものとみられる。


日経平均の予想レンジとしては、9900円〜1万0150円。



シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)
 終値 10065 (大証終値比‐45)

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)
 終値 10015 (大証終値比‐95)

大証日経平均先物12月限
 終値 10110
 

日経平均先物・オプション・30日


■日経平均先物12月物

30日の日経平均先物12月物は小幅続伸となった。
大引けは前日比10円高の1万110円。
前・後場合計の売買高は4万7744枚。

4〜9月期末での「ドレッシング買い」が入るとの期待が下支えとなった面もあるが、円高への警戒感が強い中、様子見ムードが強かった。

朝方は外国為替市場でドル・円相場が落ち着いた動きとなったことから1万150円まで上昇したが、その後再び1ドル=89円台での推移となったことや香港株式市場が軟調な推移となったことなどが重荷となり、前日引け値の1万100円付近でのもみ合いが続いた。

前・後場を通して値幅は80円と小幅なものとなった。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月物は小幅反落となり、前日の清算値と比べ10円安の1万100円で取引を終えた。


■TOPIX先物12月物

続伸。終値は、前日比6.0ポイント高の910.0。
日中取引の売買高は3万3994枚。


■日経平均オプション10月物

プットの下落が目立った。
コールは権利行使価格9500円以下の銘柄が高い。

日経平均先物・オプション 24日大引け


■日経平均先物12月物

大幅反発。
大引けは連休前の18日と比べ、120円高の1万460円。
前・後場合計の売買高は8万5959枚と8月末以来の高水準となった。

前日の米ダウ工業株30種平均は下落となったが、日本株には相対的に出遅れ感があるとの見方から買いが集まった。
また、売り方の買い戻しとみられる動きも活発化し、一時は190円高の1万530円まで上昇。

ただ、明確な買い材料が乏しいこともあり、買い一巡後は利益確定と思われる売りに押されて伸び悩む場面もあった。
現物株式市場で3メガバンク株に売りが出たことや香港株式市場が大幅な下落となっていることなども意識された模様。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月物も反発し、前週末の清算値と比べ100円高の1万445円で取引を終えている。


■TOPIX先物12月物

3日続伸。
終値は前週末比12.5ポイント高の947.0。
日中取引の売買高は5万8469枚。


■日経平均オプション10月物

日経平均株価が反発したことを受け、プットの下落が目立った。

日経225先物、来週の見通し

18日の日経平均先物12月限は反落。

前日のニューヨーク株式市場では、年初来高値を更新していたNYダウが4日ぶりの小反落となった。

これを受けた日経225先物は、10,330円で寄り付き、その後しばらくして付けた10,360円を高値に下落、10,250円まで下げ幅を広げた。

その後、一度は10,300円台を回復する場面もあったが、上値は重く、前場は前日比100円安の10,280円で取引を終えた。

亀井郵政・金融担当相の「モラトリアム発言」が嫌気されたほか、大型連休を控えての利益確定やポジション調整の売りも出たようだ。


後場の取引開始直後は値を下げるものの、藤井財務大臣が亀井氏の発言に対して慎重な発言をしたことが報道されると銀行株に買い戻しが入り、日経225先物も一気に上昇基調となった。

高値10,370円を付ける場面もあったが、その後は利益確定の売りや連休前によるポジション調整に押されたようで、結局、後場の値幅は110円で、前日比40円安の10,340円で取引を終えた。


来週の日経225先物の見通し(と言っても連休で2日間しかありませんが・・・)としては、上値の目途は、1日高値の10,550円、10日高値の10,490円、下値の目途としては9日の10,210円、2日の10,180円が意識されるものとみられる。

東京株式市場 ダイジェスト動画

11日(金)大引けのTOPIXは950.41ポイントの8.08ポイント安。
日経平均株価は10,444円の69 円安。

民主党政権の円高容認観測も警戒され、1ドル=91円20 銭となったが、低金利のドルを借りて投資する「ドルキャリートレード」が増えているため、以前ほどは円高でも日本株を売り叩く動きにはなっていない模様。

日産やトヨタは値下りしたが、ソニーやファナックは下落を免れた。



ドリームバイザー・イブニングダイジェスト 2009年09月11日(金)


株価指数・オプション9日前場、反落。


■日経平均先物9月物

3営業日ぶりに反落。
前引けは前日の大引けより50円安い1万360円。
売買高は2万6353枚。

外国為替市場でドル円相場が1ドル=92円台前半となっており、円高への警戒感から利益確定の売りに押された模様。

8日のNYダウの上昇を受け、下値では押し目買いも入ったが、戻りを試す勢いは限定的なものとなった。

また、今週は11日に株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出を控えており、様子見といった感もある。


■TOPIX先物9月物

こちらも3営業日ぶりに反落。
前引けは前日比3.5ポイント安の945.0に下落。
売買高は1万1190枚。


■日経平均オプション9月物

コールが権利行使価格9500円以上の銘柄で下落。
プットは同1万500円の銘柄のみが上昇。

日経平均先物9月物、4営業日ぶりの反発。

<株価指数先物・オプション 7日大引け>

■日経平均先物9月物

4営業日ぶりに反発。
大引けは、前週末比120円高の1万310円。
売買高は4万111枚と低水準に留まった。

香港や上海などのアジアの主要な株式市場の上昇が好感され買いが入ったが、今晩の米株式市場がレーバーデーで休場となるため、様子見気分も強いようだ。

前週末の米ダウ工業株30種平均が続伸したことから、朝方から高く始まったが、その後は100円高の1万290円を挟んでもみ合う展開が続いた。

後場に入り、一時1万330円まで上昇したものの、膠着感が強く、日中取引の安値と高値の値幅は60円と小幅なものだった。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物9月物も4営業日ぶりに反発。
前週末の清算値と比べ110円高の1万300円で取引を終えている。


■TOPIX先物9月物

こちらも4営業日ぶりの反発。
前週末比9.5ポイント高の943.0で取引を終えた。
日中取引の売買高は1万9291枚。


■日経平均オプション9月物

日経平均株価の反発に伴い、プットの下落が目立った。
コールは権利行使価格1万500円以下の銘柄が上昇。

日経225先物・オプション4日大引け:続落

株価指数先物・オプション大引け、3日続落 米雇用控え手控え

日経平均先物9月物は小幅に3日続落となった。
大引けは前日比10円安の1万190円。
売買高は5万9293枚。

米雇用統計の発表を控え、様子見といったムードから買いが手控えられた様子。

3日に米労働省が発表した前週の失業保険申請件数は 57万件と市場予想よりも多い結果となり、8月の失業者数や失業率の動向に対して警戒感が高まっている模様。

前日のNYダウ工業株30種平均が5日ぶりに反発したことが好感され、朝方は上昇してはじまり、寄り付き直後には前日比60円高の1万260円を付けたが、利益確定の売りに押されて徐々に上げ幅を削った。

その後は、前日大引けの1万200円を挟んでもみ合う展開が続いた。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物9月物も3日続落。
前日の清算値と比べ25円安の1万190円で取引を終えている。


TOPIX先物9月物も3日続落。
前日比4.5ポイント安の933.5で取引を終えた。


日経平均オプション9月物は、コールの下落が目立った。
プットは権利行使価格1万500円以上の銘柄が上昇した。

■日経平均先物・28日前引け:小幅続伸

日経225先物・オプション取引


■株価指数先物・オプション 28日前引け


<日経平均先物6月物>

小幅続伸。前引けは前日比10円高の9440円。

前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅反落となったことを受け売り先行となったが、外国為替市場でドル・円が一時1ドル=96円近辺まで円安となったことを受けて押し目買いが下値を支えた。

米国の財政悪化懸念から米国債相場の地合い悪化を受け、商品投資顧問とみられる「株式先物買い・債券先物売り」も入った模様。


<TOPIX先物6月物>

4日続伸。
前引けは前日比3.0ポイント高の893.0。売買高は2万2454枚。


<日経平均オプション6月物>

株式市場が方向感に乏しい展開となったことから、コール、プットともに売りが優勢な状況。

様子見ムードも強く、売買高も総じて低水準だった。




●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■日経225先物 今日の見通し(28日)

日経225先物・オプション取引


■日経225先物 今日の見通し(28日)


27日の米国株式市場は大幅反落。
米長期金利が上昇し、米景気回復が遅れるとの懸念が広まっている。

CME日経225先物清算値は前日の大証大引けよりも50円安い9,380円。

昨日はチャート上ではレジスタンスとして注目されていた200日移動平均線を上抜けた状態で取引を終えたが、今日は再び下回った状態からの取引開始となり、200日線の下方から5日線付近での推移となりそうだ。

上値の目処は200日線9,366円、昨日安値9,400円、高値9,500円。

下値の目処は5日線9,324円、26日安値9,230円。




●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■日経225先物、今日の見通し:上値試しの展開に

日経225先物・オプション取引


■日経225先物、今日の見通し:


休場明けの26日米株式市場は、5月米消費者信頼感指数が過去6年で最大の伸びとなったことが好感され、大幅に反発。

CME日経225先物清算値は、前日の大証終値から165円高い9,505円に上昇している。

日経225先物は20日と25日につけた高値9,410円を超え、11日の高値 9,510円を試す展開となることが予想される。

それを抜けた場合のターゲットは、昨年11月5日の高値9,570円。

一方、下値の目処としては、5日線の9,304円。

日中取引時間中に地政学的リスクが再度意識されるようなことがあれば、上値を抑える要因となりそうだ。


【26日米国市場の主要な株価指数終値】
・NYダウ 8,473.49(+196.17)
・ナスダック総合 1,750.43(+58.42)
・S&P500 910.33(+23.33)
・CME日経225先物清算値 9,505





●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★


■東京株式市場、今日の見通し(26日):GM問題など控え薄商いだが、底堅く推移。

日経225先物・オプション取引


■東京株式市場、今日の見通し(26日)


今日の東京株式市場は底堅い推移となる見通し。

米GMの再建問題の行方や米住宅指標の発表を控え、薄商いが続くと予想される。

前日は薄商いのなか、短期筋中心の買いで上昇。
反対売買による売りが警戒されるところだが悪材料にも打たれ強い地合いとなっているため売り叩くような展開にはなりにくいとみられる。


■CME日経平均先物6月限(7:30)

25日は米国がメモリアルデーのため、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は休場。

グローベックス取引の日経平均先物6月限は日本時間26日午前7時半現在、9355円。

前日の大証日経平均先物6月限の終値は9340円。




●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

日経平均先物・オプション25日大引け・3日ぶり反発。

日経225先物・オプション取引

<日経平均先物6月物>

3営業日ぶりに反発。
終値は前週末比110円高の9340円。

朝方から500枚単位の大口指し値買い注文が断続的に入り、一時は180円高の9410円まで上昇した。

25日付の日刊工業新聞で「トヨタは鉄鋼大手に対し、2009年度の鋼材の追加値下げを要請しない」との報道があったことから鉄鋼株が盛況となったほか、国際商品相場が堅調に推移していることから資源株が買われるなど、現物株式相場の底堅さが買い材料視された模様。

前週末の米株式市場の下落や25日の米市場がメモリアルデーの祝日のため休場になることから下げを見込んでいた投資家も、予想外の地合いの強さに買いを余儀なくされた様子。

北朝鮮による核実験実施の発表や短距離ミサイル発射の報道から、2度にわたって伸び悩む場面があったものの、影響はそれほどなく、地政学リスクによる売りの反応はそれぞれ限定的だった。

シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物6月物は前週末の清算値と比べ145円高い9355円で取引を終えている。


<日経平均オプション6月物>

日経平均株価が高く推移したことから、コールが上昇、プットが下落。

日中の売買高は権利行使価格1万円のコールが5000枚を超えたほか、同8500円のプットが約4700枚に膨らんだ。



●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■SGX日経平均先物・22日寄付き:150円安の9140円で取引開始。

■SGX日経平均先物・22日寄り付き

22日のシンガポール取引所(SGX)の日経平均先物6月物は前日の清算値と比べ150円安の9140円で寄り付いた。



●日経225オプション関連のブログ集
●先物取引関連のブログ集


☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★

■150万が3000万以上になるという
 圧倒的なパフォーマンス!

■定価120万円のソフトの性能を全てで
 超えたというバックテストの結果!


そんな夢のようなトレードシステムがこちらです!

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

このドリームゲートは、
他では絶対にマネの出来ない性能があると断言できます。


近年サブプライムローン問題や世界同時株安での大暴落もありました。

そんな中でもドリームゲートは安定した利益を残す事ができています!!


わずか150万円の資金が2年で約3200万円に!

年利10%で優秀、20%で運用できたらプロの領域と言われる相場で、ドリームゲートの2年間の利回りは2400%です。

 次項有最強の完全自動売買ソフト!「ドリームゲート!」

☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★


 ⇒ 日本最大級のFX商材・売買履歴配信の検証サイト


■ポチっとご協力お願いします!
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。